About this website EDは英語でErectile Dysfunctionという【勃起機能の低下】を意味します。EDに悩む男性は数多く、成人の3人に1人はEDの症状に悩まされているデータもあります。そんなEDを治す治療薬は現在まで数多く販売されているので、詳しくご紹介します。

ED治療薬の主な働きは勃起を妨げる酵素のPDE5を阻害して、性器への血行をよくすることで勃起をサポートする働きがあります。
ED治療薬として日本でも認可されているのが、バイアグラ、レビトラ、シアリスになります。
バイアグラが一番古く知名度が高いですが、食事の影響を受けやすく空腹時でないと薬の効能が発揮できないというデメリットがあります。
また、性交渉の1時間ほど前から服用するのが良いとされていて、持続時間は5、6時間です。

バイアグラの欠点を補うことができるのがレビトラです。
バイアグラほど食事の影響を受けないというメリットがあり、服用後にすぐに効くという即効性の高さが大きなメリットです。
服用タイミングは性交渉の15分から30分前で持続時間は5、6時間です。
最新のED治療薬であるのがシアリスです。

世界的なトップシェアを誇っていて、持続時間が最大で36時間と長く食事の影響を受けないというメリットがあります。
服用タイミングは性交渉の1時間前で、持続時間は24時間から36時間となっています。
持続力より即効性を求めるなら、服用してから効果があらわれるまでの時間が短いレビトラです。
早い人なら服用後15分程度で効き始めるので、即効性の高さには定評があります。

ED治療薬にもジェネリック医薬品が存在する?

ジェネリック医薬品とは、簡単に言うと特許が切れた薬剤のことを言います。
このジェネリック医薬品は、通常の医薬品より値段が格段に安いことがメリットとしてあげられます。
この医薬品を使うのに適した人は、継続的に同じ薬を飲み続ける人です。

糖尿病や高血圧などの病気を患っている人は、長期的に薬を飲む必要があります。
しかし、毎日服用しなければならないがゆえに、薬代も高額になってしまいます。
そこで、同じ効果を持っていながら、薬価の安いジェネリック医薬品を勧めている薬局もあります。

ED治療薬で有名なバイアグラはすでに特許が切れているので多くのジェネリック医薬品が日本国内で登場しています。
レビトラやシアリスは日本国内では特許が切れていないので現時点では国内では販売はされていません。
海外にはレビトラやシアリスのジェネリックは存在するので、個人輸入という形であれば入手は可能になっています。
そんな特許が切れた薬剤というと、良いイメージを持たない人もいます。
しかし、これはあくまで薬剤会社が特許を出願して独占的に販売できる権利を持つ期間が切れたというだけであり、薬自体の成分には全く影響がないのです。

特許が切れると、国民の共有財産という形になるため、国の認可が下りれば、他の薬剤会社も同じ成分の薬を作ることができます。
そのため、今までよりも安い価格で、患者さんに提供することができます。
ジェネリック医薬品を処方してもらいたい場合は、まず医師に相談することが大切です。
これまで処方していた薬の効き具合などにも関係してくるため、予めの確認が必要です。

ED治療薬は通販サイトから買える時代

今まで医薬品を手に入れるためには医師の処方箋が必要だったのです。
また、市販されている医薬品については薬局やドラッグストアでも買うことができます。
ところが最近では医薬品のネット販売が解禁されたため、通販で購入できるようになってきたのです。
まだ全面解禁ではありませんが、近い将来は全ての医薬品を通販で購入できるようになります。

これまでも医薬品通販はありましたが、主にビタミン剤などに限られていたのです。
なぜ今までは通販で購入できなかったのかというと、医薬品には大なり小なり副作用がつきものなので、購入する時に薬剤師のアドバイスを受けられるようになっていたからです。
そのため対面販売が主流だったのです。
しかし薬によっては対面販売では買いにくいものがあるのも事実です。
例えばED治療薬などは男性の勃起不全を治すための薬なので、対面販売では購入しにくいという面があったのです。
しかし通販で購入できるとなると、ED治療薬を必要とする患者にとってはとても買いやすくなるのです。

ただし通販で医薬品を購入して副作用が出た場合の危険性を考え、今でも医薬品通販に反対する声は根強いものがあります。
あからさまに買いにくいED治療薬などを通販以外の購入方法で手に入れるとなると、医師の診察を受けて処方箋を出してもらって薬局で購入することになります。
これがイヤなら、海外から個人輸入して取り寄せる方法があります。

バイアグラやレビトラ、シアリスなど使ってみたいなら通販で購入するのが良いでしょう。
しかし事務手続きなどの手間を考えると、インターネット上にある医薬品専門の通販を利用した方がリスクが少なくて便利です。
過疎地の場合などは簡単に買うことができますし、仕事が忙しい人なども買いやすいというメリットがあります。