About this website EDは英語でErectile Dysfunctionという【勃起機能の低下】を意味します。EDに悩む男性は数多く、成人の3人に1人はEDの症状に悩まされているデータもあります。そんなEDを治す治療薬は現在まで数多く販売されているので、詳しくご紹介します。

バイアグラの効果と副作用

ストレスなどの心理的原因や加齢などによる肉体的原因により、多くの男性がED(勃起不全)に悩んでいます。
そんな男性たちのためにバイアグラとレビトラは、勃起機能をサポートする医薬品として支持されていきました。
ここでは、バイアグラの効果と副作用について説明します。
まず勃起の仕組みについてです。
脳が性的刺激を受けると、その刺激は神経を通って陰茎に伝えられます。
刺激を受けた陰茎では、海綿体の動脈が拡げられ、血液が送り込まれます。
これにより陰茎は固くなり、勃起状態になります。
これが何らかの原因で血液が十分に流れないと、EDとなります。
原因は、心理的ストレスなどによって性的刺激を神経がうまく伝達しないことや、肉体的要因としては糖尿病や高血圧により血管の拡張が不十分になることが挙げられます。
バイアグラは、血管を拡張させることにより勃起をサポートする効果があります。
性欲増進剤や精力剤ではないため、外部からの性的刺激を受けることにより効果をもたらします。
個人差はありますが、服用後30分から1時間で効果があらわれ、5~6時間勃起状態が持続します。
副作用としては、ほてり・めまい・動悸・消化不良が起こる場合があります。
通常は数時間以内に治まります。
心臓、腎臓、肝臓などに疾患のある方、過去に心筋梗塞などを起こしたことのある方はバイアグラを服用することができません。
発作等、重大な事故につながる可能性があります。
バイアグラは日本で初めて認可されたED治療薬です。
医師の処方により入手することができますが、保険適用外のため全額自己負担となります。
最近ではネット販売によって、ED治療のジェネリック医薬品であるカマグラやバリフなどをより安価に購入することができます。
日本ではまだ認可されていないので、ネットでの個人輸入となります。
効果持続時間などの違いがありますが、用法・用量守って正しく使用することが大切です。